学びの場はいろいろ

ヒューマンのサービスとしての学校教育

ヒューマンのサービスの定義として、一人一人の人間の幸福や自己実現を保護したり、促進する活動の事です。
そして、行政や学校などの組織によって提供されます。
個人の善意な行動を目的として、人が人に対して行う教育や医療などの活動を意味します、ヒューマンのサービスの従事者は、教育訓練と今までの経験を獲得した専門性の教育に基づいて、サービスの受け手の幸福に貢献する事を目指した活動の事を定義しています。
つまり、人間の生存と福祉に深く関連しています。
ヒューマンのサービスは活動の一環である事を強調して、相手を思いやる態度はサービスとしての基盤であるが、教育や医療という活動において態度を強調する傾向にあるために、教師や医師としての評価が教師や医師の人柄に向けられる事が多いのです。
学校の生活において勉強に自信がなくなってきた生徒に対して、気配りの気持ちを向けるだけではなくて、実際に生徒に声をかけたり、教え方のアドバイスや勉強するための教材の工夫を適宜に行うかどうかという活動を検討していく事が、ヒューマンのサービスの向上に必要な条件です。
ヒューマンのサービスの学校教育の目的として、生徒が様々な事を学んだり、他の人を理解する事です。
その他に、好きな事や自身ができることを伸ばしながら、現在や将来に向けての生き方を選ぶことです。
そして、社会での生活や積極的な行動の基盤となる心や体を育てる事を支援する事です。
学校教育における生徒のための学習面と社会面と健康面などを相互的に支援する事で、生きる力を育てる教育が実現できるのです。
一方で、学校教育に強く求められている事は、成長過程の途中にある一人一人の子供へのヒューマンのサービスを平等に提供して、子供の学習面や社会面や進路面といった支援の機能を強化するばかりではなくて、新入社員が研修で社会性を身に付けることと同じ意義として、社会に役立つような人材の育成の面に力を入れていく事が求められます。